〜ある日中バイリンガルの投資日記〜

日々の株トレードや自分なりの市場予想をまとめています。時々気になった本などを紹介します。

2. サラリーマンの節税法

数多くの指示依頼を貰ったので節税について勉強してみました。

以下にまとめてみます。

 

1. 負担が大きい税金とは?

毎月の給与明細を見れば分かると思いますが、やっぱりキツいのは・・

所得税と住民税

基礎控除38万、税額控除なしだけの場合を考えると、

例えば年収1000万のサラリーマンの所得税と住民税はだいだい下記の様になります。

 

所得税=(収入-給与所得控除-所得控除)✖️所得税率-控除額

(1000-220-38)✖️0.23-63.6=107.06

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

 

住民税=74.95

下記サイトで計算

税金計算機 | 所得税・住民税簡易計算機

(*この場合も控除を考えてません)

 

とゆう訳で所得税・住民税合わせて約180万円

・・・・

どう思うかは人それぞれですが、めっちゃ高くないっすか?

節税したい!と思うのは当然ですよね。

 

2. 節税のスキーム

注目すべきはやっぱり扶養控除

(日本勤務の外国人は注目!)

一般的な扶養控除は38万円です。

普通の家庭では主婦やパートの主婦を扶養にしたり、

両親を扶養したりすると思いますが、この人数を多くしたらどうなるでしょう?

例えば4人の一般の控除対象扶養親族がいることにすると、

所得税と住民税はそれぞれ下記の通りです。(↑と同じサイトで計算)

所得税75.25万円

住民税:61.75万円

合計 :137万

!!!!!!!!!

年間約43万円もの節税ができるんです!

ちなみにこのスキームは在日外国人の乱用で今年から規制が厳しくなったようです。

当たり前ですね。。。↓詳しく書かれています。

stalemate.hateblo.jp

 

巷では下記のような節税トピックもありますが、

またの機会に考察してみます。

ふるさと納税

・個人型確定拠出年金(401k)

・NISA

少額投資非課税制度, NIPPON Individual Savings Account

 

本日はこの一冊。手元に持っておくと安心です。

f:id:DaBao:20161209234646p:plain